福島大学同窓会

 昭和24年、国立大学設置法が成立し、福島師範学校・福島青年師範学校・福島経済専門学校の3校が統合されて、学芸学部(後の教育学部)と経済学部の2学部で福島大学が発足した。
 浜田町と森合に別れていた校舎の統合移転問題と、自然科学系学部の増設を実現する為、教育学部同窓吾峰会と経済学部信陵同窓会が一体となり、側面から支援する為に福島大学同窓会の設立が検討された。
 昭和47年12月の両同窓会の代表による準備会を経て、昭和52年2月福島大学同窓会組織化協議会が開催され、会則の改訂及び役員の選任等が決議され、正式に福島大学同窓会が発足した。

 平成4年3月、第1回の卒業生を世に送り出した行政社会学部は、阿武隈会を設立。平成4年5月福島大学同窓会に正式加入。
 平成17年4月、第1回の入学生を受け入れた共生システム理工学類は、共生システム理工学類同窓会準備会を設立。平成17年11月きびたき会として福島大学同窓会に正式加入。  

 当初の目的であった、自然科学系学部の創設を平成17年に達成した後は、各同窓会及び会員間の交誼提携並びに連絡協力を行ないながら、福島大学発展に寄与するため事業を展開している。

(平成28年 7月12日 改選)

役 職 氏 名 会 別
会 長 斎藤 正寛 吾峰会
理 事 千葉金之助
吉川 哲也
高野 光揚
矢舘 清孝
平野 哲哉
監 事 峯島 和彦
役 職 氏 名 会 別
副会長 小田島拓哉 阿武隈会
理 事 小林  孝
工藤 真之
矢内 祐紀
加藤 千里
渡辺 弘利
堀江 正樹
役 職 氏 名 会 別
副会長 永倉 禮司 信陵会
理 事 谷口 幸子
小山 紀男
佐藤 慶吾
林王  茂
菅野 建二
監 事 加藤 兼義
役 職 氏 名 会 別
副会長 安沢 孝太 きびたき会
理 事 木村  直
関谷 雄史
春木 健作
冨田  優
白川百合恵
岸波 晃代